本文へスキップ

縮毛矯正リペア技術認定店美容院ユウコシステム高槻城北店

  お電話でのご予約は予約電話:0120-769-887

〒569-0071 大阪府高槻市城北町2-5-18黒田ビル2F
↓ ページリスト表示はタップする                

縮毛矯正yuko straighting repair

このマークは、ファイテン(メーカー)の美容ブランドYUKOが開催する『YUKOアカデミー』での「ユウコ ヘア ストレートニング」研修後、検定に合格した技術者が在籍しているサロンのみ使用できるマークです。2000年10月にアメリカ合衆国において縮毛矯正「ユウコリペア」として「技術特許」を取得した技術です。
縮毛矯正リペア技術認定マーク
縮毛矯正リペアのよくある質問はこちら

☆縮毛矯正リペア

縮毛矯正リペアは、ヘアアイロンを使用した初めての縮毛矯正
縮毛矯正リペアで使用する薬剤・トリートメント類は、健康を科学するファイテンの特殊な技術により、純金を水に溶かしたアクアゴールドと呼ばれる水をベースに作られています。
アクアゴールドは薬剤やトリートメントが毛髪へスムーズに浸透するのを助け毛髪への負担を軽減するとともに髪の電気バランスを整えながらクセをのばしストレートヘアにするメニューです。

『YUKOアカデミー』では、長年蓄積されたデータと研究によて得た縮毛矯正リペアの各工程における薬剤放置時間やシャワーの水圧・温度、ダメージ度合いに合わせたヘアアイロンの温度や毛束を引っ張る力加減など髪を傷めないための沢山のこだわりを習得後も、研修や日々の営業活動において髪についての知識を深めお客様に喜ばれるように努力しています
対象:全てのクセ毛、縮毛強いクセ、縮毛をしっかり伸ばしツヤ、サラサラ、しっとり感が得られます。
所要時間は約4時間

縮毛矯正リペアの施術前
   矢印
縮毛矯正リペアの施術後



☆リペアナチュラル

リペアナチュラルは弱いクセや広がる髪の方が対象の新メニュー


縮毛矯正リペアをするほどではないけれど、ウネリや毛先のハネが気になるという方におすすめ!

使用する薬剤・工程は縮毛矯正リペアと同じです。違うところは、縮毛矯正リペアの場合クセを根元付近からしっかりまっすぐしたいので、毛の束を薄く取りしっかりとストレートにしていくのに対しリペアナチュラルは薬剤を付けるところを根元から少し離したところから塗布し、毛の束を厚く取ることによって自然なボリューム感が得られます。
その分、クセの強い方は全体のウェーブが残りキレイなストレートヘアにはなりにくいのとボリュームダウンがしっかりできません。なのでクセの弱い人限定メニューです!


対象:クセのゆるい人 ・毛先にカールが出るクセの人 ・雨の日髪が広がる人・リペアをするとボリュームがなくなり過ぎていやな人 ・パーマを落としたい人
所要時間は約3時間
リペアナチュラル施術風景

縮毛矯正リペア・リペアナチュラルの3つのポイント


ポイント1・カウンセリング「最適なプロセスの決定
髪は顔と同じくらい個性的なもの。一人ひとり違う髪には、一人ひとり違うプロセスが必要です。リペアでは、カウンセリングでお客様の髪質、そのときのダメージの状態、頭皮を細かくチェック。すべてを把握した上でシャンプーやパーマ剤を選択し、プロセスを決めていきます。


ポイント2・トリートメント「成分を補充する」
髪はケラチンというタンパク質でできています。リペアの薬剤にはコラーゲンやケラチンなど、髪を構成する成分が何種類も含まれていますが、さらにダメージの度合に合わせて髪を保護するためにケラチン、油分などを補充します。

ポイント3・テクニック「髪を傷めないという思い」
1剤が髪に付いているときは、非常にデリケートな状態です。このときに髪をダメージさせないように優しく髪をあつかいます。また髪の状態に合わせてアイロンの温度と種類を替えていくなど細かな工夫が沢山あります。

縮毛矯正リペア・リペアナチュラルの手順


毛髪診断(カウンセリング)使用する薬剤、トリートメント、薬剤の時間の決定

プレシャンプー(ファイテンココロGシャンプー or ファイテンロックインカラーシャンプーを使用)


ダメージ部分や髪の太さなどに合わせて保護トリートメントを使い分けて薬液による過膨潤を防ぎます。

クセの強い部分や髪が太くしっかりした所から1剤塗布、髪質、髪の状態に合わせて時間放置

髪の軟化状態をチェック

薬剤を洗い流します。この時、髪の状態はとてもデリケートです。少しぬる目のお湯で洗い流し、「そ~っ」とやさしくシャンプーします。

もう一度、各種トリートメントを付けクセの強さとダメージ度合いに合わせて塗布、髪質、ダメージ状態に合わせドライヤーの風の強さや向きを考慮して乾かします。
髪の状態に合わせアイロンの温度を変えながらプレスしてストレートにしていきます。
このとき毛束の厚さは0.5cmほどで薄くとりますしっかりとしたストレートを作っていきます。又、毛先のダメージがひどいところは硬い金属プレートが直接髪に当たらないようにペーパーを巻いたアイロンでやさしくプレスしていきます。

2剤をつけストレートを固定、放置時間

2剤を流す。
残留薬剤の除去

仕上げのトリートメント
ファイテンココロGトリートメント or ファイテンロックインカラートリートメント使用

乾かす前に洗い流さないトリートメンをつけ、仕上げにもう一度、軽くアイロンを入れます


縮毛矯正リペア施術写真

縮毛矯正リペアのよくある質問q&a

Q.一度、縮毛矯正リペアをするとクセ毛に戻らないのですか?

A.基本的には、リペアをしたところはストレートのままですが、新しく伸びてくる髪はもとのクセ毛が出てきます。

Q.縮毛矯正リペアをすると、どれくらいもちますか?

A.クセの強さや髪の長さによっても変わりますが、平均して3~4ヶ月 でヘアスタイルが、くずれてきます。1ヶ月で約1cm髪が伸びますから3ヶ月で3cmですので、3~4ヶ月サイクルでされるとよいと思います。

Q.どうしてサラサラになるのですか?

A.クセを伸ばすのと同時に髪の中にタンパク質や細胞間脂質を補充するのでダメージを修復しサラサラになります。

Q.どうして薬液による傷みが少ないの?

A.通常、髪に薬液がついているときに加温したり、髪をひっぱったりひどいときは板にはりつける事も…。髪に薬液がついているときにクシでといたり引っ張ったりするとキューティクルが剥がれ、髪がダメージを受けます。ユウコシステムリペアは髪に薬液がついているときには一切何もしません。

Q.縮毛矯正リペアが出来ないことがありますか?

A.すでにダメージし過ぎていて薬剤をつけることが出来ない髪は出来ないことがあります。
それは、こんな場合。
・毛先がダメージでチリチリしている
・毎日ヘアアイロンをしていて髪を水で濡らして引っ張るとやわらかいゴムの様に延びる。
・ブリーチを繰り返ししている、など

Q.どうしてクセが戻らないの?

A.特殊なアイロンによって髪にストレートの状態を記憶させます。髪を乾かすだけでまっすぐのサラサラ、ピカピカの髪になります。薬液にコーティング剤が入っていないため、日を追うごとにコーティング剤が剥がれくせが元に戻ることもありません。

Q.縮毛矯正リペアをした後のホームケアは?

A.縮毛矯正リペアの後は御自身のホームケアが大切です。今度ご来店いただくまで、正しいホームケアできれいな髪を維持して下さいね。
日々のシャンプー、リンス、トリートメント剤やドライヤー、コテ、アイロンなどによって毛髪に記憶、定着させた縮毛矯正リペアが狂いはじめます。
ファイテンのヘアケア商品は健康な髪の状態を整え、頭皮を清潔に保ちます。髪に負担となるような余分な成分が入っていないので、縮毛矯正リペアがきちんと持続できます。だから、縮毛矯正リペアの後はファ イテンのヘアケアグッズをオススメします。

Q,縮毛矯正リペアとヘアカラーを同じ日に出来ますか?

A.縮毛矯正リペア・リペアナチュラルとヘアカラーは2週間前後の期間を空けてください。
理由としては
①薬事法によって医薬部外品(パーマ、縮毛矯正、ヘアカラーの薬剤)を同じ日に2回以上使用することが禁止されています。
②髪への負担が大きい為、薬事法で禁止されているのもこの為です。
③カラーの色落ちや、余計なクセが付かない様にする為
以上の事から当店では同じ日にはさせて頂いておりません。

Q、リペアとカラーはどちらを先にしたほうがいいですか?

A.①カラーを重視したい方は、先に縮毛矯正リペアをしてからカラーがお薦めです。先にカラーをしてしまうと色落ちします。
サラサラ感を重視したい方は、ヘアカラーをしてから縮毛矯正リペアをしたほうがトリートメントをしながらするのでサラサラ状態が長持ちします。

Q,ポイント縮毛矯正リペアはどれくらいの範囲でするのですか?

A.前髪(フロント)      図の ①ピンクの部分
   顔周り(フェイスライン)  図の ①ピンク+②イエローの部分
   フロント・サイド      図の ①ピンク+②イエロー+③グリーンの部分  
  フロント・サイド・トップ  図の ①ピンク+②イエロー+③グリーン+④パープルの部分
その他、襟足の部、左右片側だけなどお気軽にご相談ください。

※ 根元だけ、毛先だけと言った場合は部分矯正にはなりません。

ポイント縮毛矯正説明